Blogブログ

あれから7年。。

2018年3月11日

東日本大震災から7年のこの日。

行ってきました、宮城県石巻市。

長女が学校で東日本大震災の事を勉強しているから写真を貸してと言われ、自分も4年間行ってなかったし行きたかったので超弾丸スタディツアーを決行!!

※最近、atticを知って頂いたお客様へ

atticとして13回ほど復興支援のお手伝いに行っておりました。

詳しくは『復興支援』のカテゴリをご覧頂けたら幸いです。

川も海も防潮堤や道路の高台移設など4年前とはガラリと風景が違っていた。

女川の病院の駐車場

女川の街が一望できる場所、ココに立ってこの場所まで津波が来たことを子供たちに伝えても想像を遥かに超えているので理解できない。

病院の柱に当日の津波到達地点が刻まれているがひとつ上の写真の高台にある病院の柱なので何度ここへ来ても点と線が繋がらない。子供たちも困惑気味

大川小学校

教師と生徒70人以上が犠牲になってしまった小学校

同じ小学生の娘息子にも手を合わせさせたかったが報道陣が多く車から見える部分を説明してこの地をあとにしました。

牡鹿半島という石巻市から少し離れた場所にある半島、attic復興支援は13回中9回訪れた場所、今でもたくさんの人と仲良くさせてもらってます。捕鯨の街としても有名なようです。海岸には当時の写真が貼ってありました。

牡鹿半島に支援を続けた理由は物資も人も中々回ってなかったのが大きいその理由は主要な道路が1本しかなく津波で壊滅状態だったから。

島で一件だけあるコンビニの駐車場にはいまだに『help 病院へ』

とスプレーで書かれた文字が残っている。

今回一番変わったと思った事は防潮堤。

海岸沿いを車で走っていてもその高さや大きさに圧倒されました。

ちゃんと食べる復興支援もして来ましたよ🤙

今回のスタディツアーのシメはこちら

『牛タン』

安定の美味しさでした😍

皆様も是非!

行ってみて下さい〜🚕

関連記事